データの保管

これまでもデータの保管は必要だった。しかし、昨今のビッグデータ時代と言われる中で、そのデータも極めて大量に日々生成され続けている。従来はすぐに捨てられていたデータでさえも、次のビジネスに活用すべく長期保存されるようになった。などなど、組織が保管するデータは激増の一途をたどっている。
データをアーカイブすべき理由は義務であったり、活用だったりとさまざまだが、いずれの場合でも組織にとっては非常に重要な作業である。
大切なのは、そして考えなければいけないのは、「何に保管するか」。メディアを何に設定するかである。MO、JAZ、などなど、これまで、これは素晴らしい、と言われて登場してきたメディアも、その利用期間は短く、瞬く間に新しいメディアに変わっている。これから数十年保管できるメディアは何か、検討するときだ。

PAGE TOP