「ガラケー」どうなる。

「ガラケー」と呼ばれてきた、いわゆる折りたたみ型の従来型携帯電話が、いよいよ店頭から姿を消しつつある。NTTドコモは近々店頭在庫限りで販売も終了すると発表した。KDDI(au)とソフトバンクも当面は従来型ガラケーの販売を継続するものの、入手しにくいようだ。
そのそもガラケーという呼び方にも違和感を覚える人も多いのではないだろうか。
スマホと、完全に棲み分けするべき商品で、単に、メーカーサイドの営業戦略にしかすぎない。
完全復活を待つ。

PAGE TOP