人出ゼロ

ある企業で、作業工程の各所でセンサーを使った自動検品の仕組みも構築した。ロボットがピッキングした商品の重量をセンサーで検知し、出荷指示データと一致しているかを判断する。非常に高い数値目標を掲げ、それは出荷精度 99.99999%。
社員を減らしながら生産性を高める。これこそが、ロボット化を進めた最大の目的だ。背景にあるのは人手不足。地方では重い荷物を扱える若い人材が集まらない。今後さらに雇いづらくなるのは間違いない。ということだが、このあたりは、ビッグデータにより、ますます人材が必要なくなる昨今、深く考える必要がある内容だ。

PAGE TOP