アイデア・エコノミー

「アイデア・エコノミー」は「アイデアの経済」のこと。まあ、そのままなのだが、アイデアをたくさん出して、そのアイデアを速く実現していく。それを実現した者が勝者になるというものです。スピード感のない大企業よりも、迅速な対応ができる零細企業、というのと同様に、企業と個人に変わっている。ポイントは「アイデアの種をどれだけ早く見つけられるか?」「その種をどれだけ早く花に育てていくか」。

これまで、企業は、「企業 vs 企業」を意識すればよかったのだが、アイデア・エコノミーの時代では企業は個人とも競合する、ということだ。

PAGE TOP