「ライブ会場の迫力を体験」する全身に音楽響くジャケット「LIVE JACKET」

小型スピーカーを埋め込んだジェケット型ウェアラブルデバイス「LIVE JACKET」を、博報堂が開発。 ライブ会場で音楽を聴いているような体験ができるという。
音楽そのものも、対応したもが必要だが、楽曲を演奏パートごとに分けて録音し、ジャケットに仕込んだ数十個の小型スピーカーから個々に再生してミックスする。特に低音や全身に響く震動がライブハウスで体験したような迫力を生み出すようだ。サウンドは、振動なので、直接体で実感する音楽は、ライブの醍醐味を味わえるように思う。やはり、課題は、音楽制作のソフト部分となるだろう。それように制作するとなると、音楽の供給側への理解、啓蒙が必要不可欠です。

PAGE TOP