自然な会話を可能にする音声合成

自然な会話を可能にする音声合成技術が開発された。
詳しくは、人間の声の強弱/長短/高低、発話のスピード、間の取り方などの要素から成る韻律を解析する技術となる。開発の背景は、今の対話システムが不自然なのは、人間の韻律に合わせて応答できないから、との考えにある。どういうことかというと、現状の音声合成は韻律を考慮しないため、ゆっくり話している人に早口で回答する、楽しそうな呼びかけに対して低く抑揚のない声で答える、といった応答をしやすい。相手の韻律を解析し、それに合わせた音声合成をすることで、自然な会話が実現できるとする。

PAGE TOP