サイバーセキュリティのポイント

サイバー攻撃という言葉ができたのは、いつのことだったか。その実態は時代とともに大きく変化している。攻撃の方法は年々巧妙になり、ターゲットも企業から個人、官公庁まで幅広く狙われている。今では、何もしなくても、ネットにつないだだけで感染するものまで出現。従来なら、メールに添付されたファイルを開いたり、記載されたリンクをクリックしてWebサイトを閲覧したりすることでウイルスに感染する「人」の間違いをしくんできたものが多かった。国内の情報セキュリティ対策や情報処理システムの信頼性向上などを担う政策実施機関、IPA(情報処理推進機構)も「特定のセキュリティ対策製品を導入しただけでは被害を防ぐことができない場合があります」と指摘している。何重にも対策をし、気をつける、あたりまえだが、必須だ。

PAGE TOP