スマートファクトリー(Smart Factory)

工場内のあらゆる機械設備と管理システムをインターネットでつなげ、全体効率を最大化できる工場。
そして、IoT見える化がスマートファクトリーの最大のポイント。
日本の製造現場では比較的早くから生産設備へのセンサー導入が進められていた。だが実際に「工場に検査工程はいくつあるのか」「歩留まりが低い工程はどれか」「その原因は何か」といった基本的な質問にすぐ答えられる会社はどうだろう。個別情報は取得できても、全国拠点のデータを一元的に管理・分析できなければ実施の効果や意味が少なくなる。そこで、機器全体のIoT(Internet of Things)化とシステム連携を基盤とするスマートファクトリーの取り組みが世界的な大きな潮流となっているのである。IoTにより、まさに「あらゆる現場状況がデータで見える」環境へと劇的に進化した。

PAGE TOP