スマート農業戦略

まず、スマート農業戦略を支えるもう一つの要素が、無人・自動運転のトラクターで超省力化だ。 IoT技術を使った無人・自動運転の農機で、センサーとGPS(全地球測位システム)で位置をリアルタイムに制御し、決められた範囲の農場を一定の順序で走行。昼夜を問わず、正確に耕したり収穫したりできるようにする。
さらには、農家が収穫結果や作業記録を管理する支援システムと、インターネット経由で集めた農機の稼働状況を管理する機械サービスシステムから構成される。コンバインにセンサーを取り付け、刈り取った稲もみの成分や水分量を即座に分析し、収穫直後に、その田んぼの状況が分かる。収量はもちろん、田んぼの「性格」をデータで把握することで、肥料の配合や量を計画し、土壌をどのように改善すべきかを計画できるというもの。また集めたデータはクラウドで管理し、田んぼを耕す時期に同データをトラクターに配信することで、およそ誰でもうまく収穫ができる。

PAGE TOP