バリューチェーンの拡大と再構築

2015年からはIoTやビッグデータなどが社会を変えるテクノロジーとなった。その流れの中で、製造業が消費者ニーズを読み取るこれまでのプロダクトアウト的手法が通用しなくなってきており、より細分化したマーケットの分析や、単なる物販ではなくサービスを組み合わせて消費者の満足度向上を図ることが必要になっている。こうしたテクノロジーの転換点でおいて、ビジネスモデルの変換を図る取り組みが先端のビジネスシーンで活性化している。これは、2015年以前には見られなかったこと。先進的な製造業が「モノからサービスへ」とビジネスを変革しているのは、その典型だ。IoT活用によるものづくりのサービス化の流れの一つに、大量生産による「見込み生産」から「個別受注生産」へのシフトがあり、中でも個別受注生産を大量生産品と変わらないコストで実現する「マスカスタマイゼーション」は大きな可能性を秘めていり。

PAGE TOP