ホームページ作成実績

【名所・旧跡】壬生 八木家様

スマホ用/スマートフォン用対応のホームページ制作実績をご紹介します。

八木家様は、室町時代後期より京都は壬生の地に住まわれ、以来、400年15代にわたり相続されています。江戸時代には郷士として壬生村の運営にも携わってこられました。

八木家様は元々但馬の国に祖を発し、鎌倉時代初期に、遠祖より八木安高によって起りました。源頼朝の富士の裾野の巻狩りの時、関東一円を震撼させた白い猪を射止めた功績で、頼朝より今の家紋(三つ木瓜)を拝領したと云われます。(鎌倉武鑑)十数代の後、越前朝倉を経て室町時代に、京・洛西壬生村に居を構え、江戸時代には十家程の郷士(壬生住人士)と共に、村の経営や壬生狂言に携わり、代々村の行司役をも勤めておられました。又、壬生村と京都守護職や所司代とも大変深い関わりがありました。(八木家、前川家文書)
幕末になり、江戸より浪士を預かり、後の“新選組”発足も京都守護職や所司代との関係であったことが伺われます。

壬生は往古より湧水の出るところで水質にも大変恵まれ、壬生菜、菜種、藍などの産地でもありました。その藍で染めた水色は壬生の色でもあり、壬生狂言に使用する手拭いの色にも古くから使用されています。新選組が使っている羽織の段だら模様の水色は、この壬生の色を拝借したものです。

八木家様に残る普請願から長屋門が文化元年(1804年)、主屋は文化6年の造営と知られ、幕末期の遺構として、また新選組ゆかりの建築として貴重であり、昭和58年6月1日京都市指定有形文化財に指定されています。

お越しいただく観光客の皆様に場所をわかりやすくご説明する、それがスマホ用ホームページ制作の役割です。

お気軽にお問い合せください

(075)468-3217

10:00 ~ 18:00
(土・日・祝日を除く)

有限会社ティーステップ

京都市下京区堀之内町287-2
沢田ビル3F  〒600-8446

録音スタジオはこちら パワーポイント制作サービスはこちら T-STEPのFacebookはこちら
PAGE TOP